【覚えて効率UP!】Excel IF関数の使い方は意外に簡単!

こんにちは!さとしん(@satoshin-soccer)です。

皆さんはエクセル(Excel)のIF関数を知っていますか??

おねえさんのアイコン画像おねえさん

聞いたことはあるけど、使い方はしらないな~

おにいさんのアイコン画像おにいさん

何それ?はじめて聞いた。

そんな方のために、今回はIF関数の使い方を細かく解説していきますね。

ンプルな使い方なのに、とにかく便利!!
Excelの関数の中で、僕は1番使う機会が多いといっても過言ではありません!

この記事を読んで、使い方をマスターしてくださいね(^^)

目次

IF関数を使うとどんなことが出来るの?

説明に入る前に、IF関数でどんなことができるか実際に見てみましょう。

例えば、こんなことができます

クイズの答えに対して〇、×を表示する。

<問題>サッカーは1チーム何人でしょうか?
<答え>11人
<If関数の条件>11人なら〇、それ以外なら×をF3セルに表示。

Excel IF関数の使い方

この様に、○×を表示したり、好きな文字や記号を表示する事ができる関数のがIF関数です!

使い方を覚えると、たくさんの場面で使う事ができそうではないでしょうか?

僕自身、データまとめや資料作りの際、頻繁にIF関数を使っています。

他の関数との組み合わせると更に活用の幅も広がっていきます。

まずは、この記事を読んでIF関数のシンプルな使い方を覚えてみてくださいね(^^)

IF関数の使い方

では、使用例をお見せした所で、早速IF関数の使い方を説明していきたいと思います。

まず、先ほどの例で挙げたクイズでは、以下の数式を入力しています。

=IF(D3=11,”〇”,”×”)

この数式を入力すると、D3セルに「11」と入力されれば「〇」、11以外の値であれば「×」が表示されるようになります。

なぜこの数式になるのか?詳しく説明していきます。

Excel内の説明文

実際にExcelで入力する際に表示される説明は以下の通りです。

IF関数とは…
論理式の結果(真または偽)に応じて、指定された値を返します。

IF関数の数式
→=IF(論理式,[値が真の場合],[値が偽の場合])

さとしんのアイコン画像さとしん

Excel内の説明分では言葉が少し難しいですね…

もう少し簡単に考えてみる

IF関数の数式をかみ砕いてみましょう。

僕は頭の中で以下のように考えながら数式を入力しています。

=もし(★★なら,〇〇,そうじゃなければ××)

ここに、先ほどのクイズの例をあてはめてみましょう。

D3セルの数字が11人なら〇を表示して、それ以外なら×をF3セルに表示する。でしたね。

Excel「IF」関数の使い方-1

以下のようになります。

=もし(D3セルの答えが11なら,〇,そうじゃなければ×を表示)

さとしんのアイコン画像さとしん

なんとなくイメージできてきましたか??

今の段階ではなんとなくでもOKですよ。読み進めていくと、少しずつ理解できていくはずです!

実際に入力する数式は?

ここまでの流れを踏まえて、最終的に先ほどのクイズで実際に入力した数式は、以下のようになります。

Excel「IF」関数の使い方-2

=IF(D3=11,”〇”,”×”)

この数式を入力することで、し、D3セルの答えが11なら〇を表示する。11じゃなければ×を表示する。という動きをしてくれるようになります(^^)

文字や記号は上記の様に“”で囲ってあげる必要があります。
数字の場合はそのままでOKです。

このような形で、定のセルが、条件にあっていたらA、条件にあっていなかったらB。といった形で、条件によって表示結果を変えることが出来る。

これが「IF」関数です!!

複数の条件指定もできる

ちなみ、2つ以上のIF関数を組み合わせて使う事も可能です。

先ほどのクイズの例で解説します。

答えが11なら〇、そうじゃなければ×でしたよね。

今のままだと、回答が入力されていない時も×が表示されます。

回答が入力されていないときは、×を非表示にするように修正していきます。

Excel「IF」関数の使い方-3

下記の数式を入力してみます。

=IF(D3=””,””,IF(D3=11,”〇”,”×”))

Excelで空白を表現したい場合は“”と入力します。
の空白の処理はよく使うので要チェックです!!

上記の数式を入力すると、こうなります。

Excel「IF」関数の使い方-4

元の数式との変化点はこんな感じです。

=IF(D3=11,”〇”,”×”)

IF(D3=””,””,IF(D3=11,”〇”,”×”)

赤文字の部分を追加しました。

これは、「D3が空白なら、空白にしてね」という意味の数式です。

元の式とつなげると、以下のような動きをします。

  • もし、D3セルが空白の場合、F3セルは空白にする
  • もし、D3セルに答えが入力されたら、答えに合わせて〇か×を表示

考え方としてはこんな感じです。

=もし(D3セルが空白なら,空白,そうじゃなければ、もし(D3セルの答えが11なら,〇,そうじゃなければ×))

このように、=IF( )の数式の中に更にIF()を組み合わせて使うこともできます。

実際にIF関数を使ってみよう!

最後に実際にIF関数を使ってみましょう。

さとしんのアイコン画像さとしん

使ってみないとイメージが湧かないですよね。

例題を2つ用意しました。考えてみましょう!!

<例題1>

以下のように5名のテストの点数を記載した表があります。

Excel「IF」関数の使い方-5
例題1

IF関数を使って、点数に合わせて合否を自動で表示するようにしてみましょう。
今回は、70点以上は合格、69点以下は不合格としてみます。

数値の大小を表現する機会は良くあります。以下を覚えておいてください。

数値の大小は不等号を使用します。

記号使い方
=等しい
<●●より小さい
>●●より大きい
<=●●以下
>=●●以上
<>等しくない

<例題2>

例題1の応用編です。

条件が少し複雑になりました。IF関数で複数条件に対応する数式をつくってみましょう!

例題2

70点以上は合格、69~50点は再試験、49点以下を不合格と表示させてみましょう。
例題1に「再試験」というもう1つの条件を追加してみます。

Excel「IF」関数の使い方-6

ExcelのIF関数は便利なので覚えましょう

IF関数は、エクセルでデータ集計や何か資料をつくる際に、ものすごく重宝します。

IF関数を使えなくても、資料は作れます。

でもIF関数を使えると、資料作成の効率がものすごく上がります。

資料作成に時間がかかっている方は、IF関数を覚えてみることをオススメします!

ぜひ、IF関数の使い方をマスターして、快適にExcelを使っていきましょう(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小さな町のサッカーコーチです。
たくさんの子どもたちがサッカーを好きになることを願っています。
保護者の方も指導者の皆さんもサッカーを楽しみましょう!

目次
閉じる